チェンソーアートデモンストレーション

神をも切り裂く機械仕掛けの刃は
時に、樹木に新たな生命を宿らせる


15:10 フィールドにて
by 高取チェンソーCLUB



チェンソーだけで彫刻やベンチをつくり、木材に命を吹き込むことで、環境や森林への理解を深めてもらおうという目的で活動をしている、高取チェンソーCLUBの方々によるチェンソーアートの実演です。
公式サイトはこちら




使用する機材、そして丸太が搬入されています。
これからどのような作品が生み出されるのでしょうか。


目の前で制作が行われています。


コチラは今までに創った作品たち。フクロウです。
顔や羽根の造作がとても細かいです。どうやって創っているんでしょうか。


横顔がダンディーです。


仕上げに目を入れて、


完成したのは、県大には欠かせないアヒル!
なんとも粋な計らいです。
(これと次の写真の2枚は別の場所で撮ったものです)


目もしっかり入っています。
外皮を削ることでくちばしの色合いを表現しているのは
見事としか言いようがありません。



なお、完成した2匹のアヒルは、交流センターに展示されるということですので、実物をみたい方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。


この記事へのコメント
確かに神をも切り裂きますよね、チェーンソーは
Posted by SAGA at 2014年07月09日 09:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。